英語教育がある保育園のメリットと通わせる方法とは?

Pocket

子どもの早期英語教育に興味のあるママへ

2020年の教育改革により、小学3年生から外国語活動が科目として設置されることは有名な話ですね。この英語科目に関する教育改革、小学校だけの話ではなく、大学入試に対しても実施されることをご存知ですか?入試の際、英語の「聞く」「読む」の2技能から、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能で評価されることになっています。

「話す」「書く」という、主体的なコミュニケーション能力が将来求められるようになる英語。「子どもには、早いうちに英語を」と考えるママも多くなっている様子です。実際に、英語のカリキュラムが組まれる幼稚園は増えており、保育園に対しても、英語教育を要望する保護者の声があるそうです。

とは言っても、「英語の教育っていつから始めるのが正解?」と悩むママもいると思います。早期英語教育のメリットやデメリットについて知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

子供の英語教育はいつからスタート?知っておきたいメリットとデメリット

英語教育に力を入れる保育園(保育施設)ってどんなところ?

さて、いざ「子どもに英語教育を!」と思い立っても、仕事をしているママは、平日習い事に付き合う時間はなかなかとれませんよね。やはり、第一の方法として、子どもの預け先で英語教育を受けさせるという選択が挙げられます。

英語教育に力を入れている保育施設は認可外保育園が多い

ひとくちに「英語教育を導入している」と言っても、その名称や形態は千差万別です。バイリンガルを目指し、全ての活動において英語を使う保育施設は、プリスクールやバイリンガルスクールと呼ばれることが多いですね。また、一部の時間を英語でのコミュニケーションに充てている保育園もあります。

プリスクールやバイリンガルスクールは、ほぼ認可外保育園施設に分類されます。英語で遊んだり学んだりする施設は外国人の先生が多いので、必然的に保育料も高くなってしまいますね。

プリスクールやバイリンガルスクールのメリットって?

全ての保育を英語で行い、かなり多くの時間を英語で過ごすことになるプリスクールやバイリンガルスクール。幼児期から多くの時間を英語を使って過ごすことには、次のようなメリットがあります。

    メリット

    • 英語に触れる時間が長くなるので、英語の習得度が上がる。
    • 早い時期から母国語とは違う環境に接することで、外国への差別意識や異文化への抵抗が軽くなりやすい。多様性への理解が寛容になりやすい。
    • 英語習得はもちろんですが、外国人の先生と学んだり遊んだりすることで、日本だけでなく海外の文化を知ったり体験したりできることは、魅力的ですね。好奇心旺盛な子どもも楽しめる気がします。

一方、次のようなデメリットもあるようです。

    デメリット

    • 通常の保育園や幼稚園より費用がかかる。
    • 日本語や日本文化の習得が未熟になりやすい。
    • 費用は、月10万円以上かかるところもあるようです。日本語に関しては、親が積極的にサポートする必要がありそうですね。

英語教育を導入している認可保育園ってある?

少し前までは、部分的にでも英語教育を導入している保育園と言うと、認可外の施設であることが多かったのですが、最近は、教育改革の流れを受け、英語教育を導入する認可保育園も徐々に増えてきています。

頻度としては、月に1度や、週に1度実施する園が多いようですね。とてもペラペラ話せるようになるという感じではなさそうですが、英語を楽しむきっかけとして、異文化の言語を知るという観点からは、良い傾向ですよね。

働きながら、子どもに英語教育を受けさせる方法

まず考えたいこと「英語で学ぶ」?「英語も学ぶ」?

働きながら、保育施設で英語教育を子どもに受けさせたいと思っているママにまず考えて欲しいことは、「英語教育にどの程度重きを置くか」です。なぜなら、“英語メインで、生活の全ての場面において英語を使えるように教育したい”のか、“まずは日本語をしっかりと、英語はたまに親しむ程度に学ばせたい”のかでは、当然、預けるべき保育施設の種類も違ってくるからです。

保育園の英語教育だけが全てじゃない!子どもが英語を学ぶ方法

どんな教育を受けさせたいか、ママの働き方などにより保育施設の選択肢が異なります。ここでは、次の3つのケースについて考えてみましょう。

1.英語が話せるくらいの教育を受けさせたいなら~やっぱりプリスクール

英語を自然と身につけて欲しいと思うなら、英語で保育をする、プリスクールやバイリンガルスクールなどの保育園がおすすめです。このような国際教育系の施設は、認可外保育施設がほとんどで、保育の内容や時間、保育士の数など、独自の規定によって定められているので、しっかりと、内容を確認することがポイントです。

どんな保育が行われているのかはもちろんのこと、先生の国籍比率や、保育料、通園の方法など、きちんとチェックしてママとお子さんの希望に合ったところを見つけたいですね。

2.日本語がメインで、一定の英語教育の時間も確保したいなら~幼稚園も視野に入れて

基本的には日本語で、毎日(または週に数日)英語教育のある保育園を希望する場合は、認可保育園では少し厳しいかもしれませんね。定期的な英語教育カリキュラムのある認可外保育施設を選ぶか、または3歳以上のお子さんなら、幼稚園も視野に入れて検討しましょう。

働いているママにとっては、保育園の方がママへのサポートが厚いのは事実です。しかし、最近は預かり保育を行う幼稚園も増えています。預かり保育などをうまく利用すれば、保育園よりも幼稚園の方が、教育機関として英語教育カリキュラムを採用している施設が多いので、選択の幅が広がるはずです。また、幼児教育無償化制度によって、預かり保育にかかる費用についても一部助成の対象となります。

これから働こうと考えているママは、在宅ワークという方法を選べば、平日行われる幼稚園の行事にも参加しながら、働くことが可能ですよ。

子育てしながら仕事するにはやっぱり在宅!〜その実際を一挙公開〜

3.ときどき楽しむ程度の英語教育を望むなら~英語スキルのあるシッターを活用する手も

異文化への興味や英語へのきっかけを掴むために、週に1度、またはそれ以下の頻度で英語教育を、というママは、まずは、英語教育を取り入れている認可保育園を探してみるとよいですね。ただ、あったとしても、認可保育園の場合は必ずしも希望が通るわけではありません。

認可保育園の希望が通らなかった場合は、保育園とは別に、習い事として英語教室に通わせることもできますが、英語スキルのあるシッターさんに週に1日来てもらうという方法もあります。

今は、ネイティブ並みの英語スキルを持ったシッターさんを、シッターマッチングサイトで選ぶことができ、ママの選択肢も多くなりました。そのような新しいサービスも活用しながら、お子さんと英語を楽しむことができるとよいですね。

保育園卒園後の英語教育も見据えて

保育園や幼稚園での子どもの英語教育を考える際に、忘れてはならないのが卒園後の進路のこと。
プリスクールなどでしっかり英語を身に付けると、卒園時にはかなり高い英語能力を習得しています。しかし、使う環境が無ければ英語力はみるみるうちに下がってしまいます。

せっかく幼児期に培った英語力を無駄にしないように、卒園後の英語の教育についてもしっかりと考えて、子どもの将来につなげていきたいですね。

The following two tabs change content below.

hattori

1才と4才の男児を子育て中の2児の母。 団体職員として働いていたが、出産を機に退職。 現在は在宅Webライターとして活動しながら、在宅でのキャリア形成と育児の両立方法について模索中。