保育園見学の質問リストの内容と忘れずに確認したいポイントは?

Pocket

保育園見学の準備をしよう!

保育園の入園申し込みをする前に、保育園を見学することはとても大切です。ホームページの情報だけではわからない保育園の特色や、子どもたちと先生の様子、保育園での生活スケジュール、保育環境などについて、ママの目でしっかり確認し、子どもの生活スタイルに合った保育園かどうか見極めなければなりません。

保育園見学に際しては、まず入園申し込みをする候補となる保育園をピックアップし、見学の予約を行いましょう。

保育園見学の準備やは見学をいつから行ったらよいかについては、次の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

保育園の見学はいつから?ベストな時期や時間帯を把握しよう!

保育園見学の質問リスト主要6項目

保育園見学の日程が決まったら、早速質問リストを準備して、保育園で確認したいことをまとめておきましょう。ここでは、確認しておきたい主要項目とその詳細についてご紹介します。

保育園での生活の流れ

一般的な1日の流れ(タイムスケジュール)を確認しておきましょう。見学の際に、最初に先生の方から説明があるかもしれませんね。登園の際に、保護者が行う作業(体温計測や、着替えやオムツなどの補充など)についても確認しておくと、朝の登園にかかる所要時間が正確に把握できます。

保育園の持ち物について

毎日の持ち物については、保育園によってさまざまです。

  • 着替え、エプロン、タオルは1日にどの程度必要か

    お昼寝用のパジャマを必要な保育園もあります。また、オムツは別途代金を支払うことによって保育園で準備してくれる場合もありますよ。

  • お昼寝に使用する寝具の種類や交換頻度について

    保護者が準備しなければならないものを確認しましょう。お布団セット一式必要な場合や、シーツやかけ布団カバーのみ必要な場合があります。

  • 服装に関するルールはあるか

    事故防止のため、フードのついて洋服を禁止にしている保育園が多いです。

  • 特定のシーズンに必要なものはあるか

    夏の水遊び用の水着や、寒い時期のジャンパーなど一時的に必要になるものがあります。

食事について

  • 給食のアレルギー対応が可能か

    アレルギーのある子どもにとっては重要項目ですので、除去食、代替食の有無について確認しましょう。

  • 給食やおやつはどんなものが出るのか

    メニューや写真などが施設内に掲示されている場合もあります。給食に対する園の方針(嫌いなものがあるときは一口だけでも食べさせる、など)も一緒に確認するとよいですね。

  • 乳児の場合は母乳対応が可能か、離乳食の進め方について

    母乳育児をしているママはミルクに慣れさせる必要があるかもしれません。また離乳食の進め方を確認し、家庭での方法とバランスをとりたいですね。

  • 延長保育時の夕食は出るのか

    仕事の都合により遅くなった場合などは夕食の対応があるとママも助かります。

病気について

  • 発熱など、子どもが病気になった場合の呼び出しの基準

    熱が何度以上になったら呼び出しの連絡を行うのか、保護者がくるまでどのように対処するのかについて確認しておきましょう。

  • 飲み薬や塗り薬について対応してくれるか

    原則、投薬は行わないとしている保育園が多いようです。ただし、医師の指示がある場合などは相談に応じてくれる場合もあります。

慣らし保育について

意外と盲点になりやすい慣らし保育の期間。全く行わないという保育園もあれば、2週間程度じっくりかけて行うところも。ママの復職時期を左右するポイントなので、忘れずに確認しておきましょう。

  • 筆者の子どもの保育園では、2週間の慣らし保育期間がありました。最初の1週間は、2~3時間預けてお迎えなので、ほとんど仕事ができなかった記憶があります。でも、仕事の休めないママに対しては、個々に慣らし保育のスケジュールを組むなど、柔軟に対応してくれていましたよ。」

その他

  • 保護者参加型のイベントはあるか

    幼稚園に比べて、保護者の参加するイベントは少ない保育園ですが、土日に遠足など、保護者が参加するイベントが行われることもあります。

  • 保育料以外にかかる費用について

    契約時間外の延長スポット保育や、それに伴う食事代など、毎月の保育料以外に費用が発生する場合がありますので、あわせて確認しておくと安心です。

  • ベビーカーや自転車置き場があるか

    通園にベビーカーや自転車を使用する場合は、お迎え時まで保育園に置いておけるスペースがあるか確認しておきましょう。

  • 保育の様子を保護者が確認する方法があるか

    ネットワークカメラを設置している保育園や、撮影写真を共有してくれる保育園もあります。毎日でなくても、保育園での子どもの様子を確認できるとママもうれしいですし、安心できますね。

  • 筆者の子どもの保育園では、定期的に保育時の撮影写真をインターネットサービスで共有してくれたり、また、面談の際に動画を見せてくれたりします。普段見ることのできない子どもの姿をのぞけるのはとてもうれしいです。

保育園を見学する時に必要な持ち物は?どんな服装が適切なの?

自分の目で確認しよう!保育園のチェックポイント

保育園見学では、上記で紹介した質問をクリアにしていくほか、保育園の子どもたちの様子など、自分の目で確認しておきたいことがあります。どんな点に注意して見学したらよいのでしょう。

子どもや先生たちの様子

教室の雰囲気を確認すると同時に、保育園で過ごす子どもたちの表情や、先生たちの子どもたちへの接し方をチェックしましょう。子どもたちが笑顔で楽しそうに遊んでいたり、先生が子どもたちにていねいに向き合って、笑顔で接していると安心できますね。

園内の設備について

園内の設備については、主に次の点についてチェックしましょう。

  • 園庭はあるか
  • 園内が清潔に保たれているか
  • ドアの指はさみや、高い棚の転倒などの事故防止に対する安全対策がなされているか
  • セキュリティを配慮しているか

園庭がない場合は、お散歩の場所や頻度、手段について確認しておくとよいですね。
園庭がある場合でも、それ自体に安心せず、子どもが園庭で遊ぶ際に、砂場が使い込まれているか、先生の目がちゃんと行き届いているかなども見ておくことが大切ですよ。

気になることはクリアにして、悔いのない保活を!

保育園には、それぞれの保育方針があり、先生の個性もさまざまです。複数の保育園に見学に行くと、同じ保育園でもかなり特色が違うことにびっくりするはずです。

見学の際は、確認することが多く大変に感じるかもしれません。しかし、気になることは遠慮せず、メモをしながらしっかりクリアにすることが子どもにとってベストな保育園を見つける重要なステップですよ。

 

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

 

 

次のページ >> 保育園の見学はいつから?ベストな時期や時間帯を把握しよう!

 

The following two tabs change content below.

hattori

1才と4才の男児を子育て中の2児の母。 団体職員として働いていたが、出産を機に退職。 現在は在宅Webライターとして活動しながら、在宅でのキャリア形成と育児の両立方法について模索中。