保育園の見学はいつから?ベストな時期や時間帯を把握しよう!

Pocket

保育園見学は大切な情報収集!

保育園見学は保活の大切な要素

ママが仕事をするために子どもを預ける保育園。保育園に入りやすい地域に住んでいるママは助かりますが、都心部など、ママが働いていても保育園に入れない待機児童の多い地域では、保育園に子どもを入れるのはとても難しいですよね。

そんなときに保育園の情報収集など、入園の手続きをよりスムーズに行うための活動を「保活」といいます。そして、保育園見学はそんな「保活」のとても大切な要素です。

保育園見学の前にやっておきたいこと

気になる保育園は、すぐにでも見ておきたいというママは多いと思います。でも、ちょっと待ってください!その保育園、本当に通えますか?忙しいママにとって、保活は時間との戦いでもあり、保育園にはそれぞれ特徴があります。また、自治体の決まりによって入所申し込みができる数も限られます。実際に保育園見学をする前に、必要な情報を集めることが重要です。

保育園の特色を知り、通園可能な保育園を決める

保育園は、小規模のところから、受け入れ人数の多い大規模保育園、また、私立で独自の教育や行事を行っているところなど、多岐にわたります。まずは、あらかじめ保育園のホームページなどで、受け入れ可能な子どもの年齢や人数、保育時間(延長保育があるか)など、基本的な情報を集めましょう。役所で保育園のパンフレットを配っているところもありますので、上手に利用しましょう。また、ママ友から情報をおしえてもらうのもよいですね。

  • 筆者の住む地域では、区の保育アドバイザーが、マンツーマンで、そのママの働き方や希望などに沿って、適した保育園を紹介するなどの相談にのってくれる制度があります。そのような制度はどんどん活用したいですね。

また、実際に通園することを仮定して、徒歩で通園可能か、交通手段はどうするか、勤務先への通勤に支障がないか、雨の日でも大丈夫かなど、その保育園が無理なく通える範囲にあるかどうかも、必ずチェックしておきましょう。

指数も考慮して

預けたい保育園が決まっても、待機児童の多い地域では、フルタイムで勤務しているママでも落選してしまうことは少なくありません。多くの自治体では、保育園の選考をする際に、その家庭の就業状況などを点数化した「指数」によって、保育の必要性が高いと考えられる家庭から優先して入園できるようなしくみをとっています。

そのような状況で、自分の「指数」はどのくらいなのか、希望する保育園にはどの程度の「指数」が必要となるかについても、情報を集めておかなければなりません。

指数の計算方法は自治体によって異なりますが、ホームページなどで計算方法が公開されています。また、保育園別の過去の内定指数を公表している自治体もありますので、問い合わせてみるとよいですね。

保育園見学はいつから始めるのがベスト?

保育園の基本的な情報を集め、申し込みしたい保育園がいくつか決まったら、次は保育園見学です。この見学活動はいつから始めたらよいのでしょうか?

復職時期と保育園の申し込み期限から逆算して決めよう

保育園の申し込み時期は、子どもを預ける時期によって異なります。一般的には、年度初めの4月からの入園の申し込み時期は、前年度の10月~11月に設けている自治体が多いようです。よって、まずは復帰時期(または仕事を開始する時期)を決めましょう。それに応じた申し込み時期までに保育園の見学を行う必要があります。

子どもが1歳になる前に、比較的入園しやすいとされる4月での0歳児入園を狙うのか、育休をフルに使って、年度途中で入園させるかなど、子どもとできるだけ長く過ごしたい気持ちとの葛藤もあると思いますが、よく考えてみてくださいね。

保育園はかわいそう?預けることへの罪悪感を徹底分析!

保育園見学は早めの時期がおすすめ

保育園の申し込み期限を確認したら、保育園見学はできるだけ早い時期に行うのがおすすめです。早めに、気になる保育園をいくつか見学しておくことによって、ほかの見学希望者が混みあう時期を避け、ゆっくりと見学することが可能ですし、見学後にも比較検討の時間が十分にとれます。何より、余裕を持ったスケジュールで見学日時を調整することができ、心にゆとりもできます。

一般的な4月入園予定で、10月~11月を申込期限とする場合は、9月~10月にかけて、見学希望者が多くなることが予想されます。したがって、保育園の状況が落ち着いている5月後半~7月に見学予約をし、ゆっくりとスケジュールを立てて見学するのがおすすめです。

月に何日と見学日が決まっている保育園や、見学予約しても、実際の見学日は1~2ヶ月後になってしまう人気の保育園もあります。予約の電話だけでも早めにしておくとよいでしょう。

また、妊娠中の方など、翌年の入園を検討している方には、11月の見学もおすすめですよ。

見学を避けた方がよい時期は?

次の時期は、見学は避けた方がよいと考えられる時期です。保育園の都合によってはこの限りではありませんが、一応考慮しておいた方がよいでしょう。

  • 新入園児などの対応でバタバタしている4月~5月初旬
  • 見学希望者の多い9月~10月
  • インフルエンザなど感染症の多くなる12月~2月
  • 何かと忙しい年度末の3月

保育園見学の予約電話や見学時間帯のベストは?

予約の電話は必ずしよう!

保育園を見学する場合は、必ず事前に、電話で見学の申し込みを行いましょう。

定員いっぱいの子どもをお世話する保育士は、少ない人数で、日課をこなしています。電話をする時間帯にも、できるだけ配慮し、それほど忙しくないと考えられる時間に予約をするのがマナーです。

お昼寝の時間で落ち着いている午後1時から2時頃、また降園後の午後5時以降などが予約電話におすすめの時間帯です。

保育園見学の時間帯

保育園の見学の時間帯については、ママの都合や希望を考慮して設定してくれる保育園もあれば、あらかじめ見学時間帯が指定されている保育園もあります。一般的には、午前10時から11時の時間帯に見学させてくれる園が多いようです。

この時間帯は、登園後の子どもが少し落ち着いて、しっかりと活動しているときでもあります。晴れの日であれば園庭での活動、夏であれば水遊びなど、保育士と子どものかかわり方もきちんとチェックできそうですね。

ただし、園によってはおやつの後の15時半以降や、降園後で子どもが少なくなった17時以降を指定されるところもあります。

  • 筆者の場合は、就業状況や指数などを考慮すると希望できる保育園は、小規模保育園が主でした。小規模保育園では、園庭がないため、10時~11時は近くの公園にお散歩に行くということで、見学指定時間は、15時半~という園が多かったです。それでも、室内遊びの様子や保育士との触れ合い方をチェックできたので、見学してよかったと思っています。

 

 

ゆとりをもって保育園の良さをチェックしよう!

余裕を持って動いたつもりでも、なにかと時間と労力を要する保育園見学。大変ですが、安心して子どもを預けるためには、やっぱり不可欠な保活のひとつです。

万が一、希望の保育園に落ちてしまっても、保育園見学で得た情報は、次のステップにも大いに役に立つはずです。

もし保育園に落ちたらどうなる?落選した後の選択肢とは

親子にとっていちばんの保育園に出会えるとよいですね!

 

プログラミング通信講座スクール【GeekGirlLabo(ギークガールラボ)】

 

 

次のページ >> 保育園見学の質問リストの内容と忘れずに確認したいポイントは?

 

The following two tabs change content below.

hattori

1才と4才の男児を子育て中の2児の母。 団体職員として働いていたが、出産を機に退職。 現在は在宅Webライターとして活動しながら、在宅でのキャリア形成と育児の両立方法について模索中。