保育園はかわいそう…罪悪感を解消するために知っておきたいこと

Pocket

保育園はかわいそう…罪悪感を解消するために知っておきたいこと

我が子は2才2か月から保育園に通いはじめ、半年たった今でも毎朝「保育園いかない!ママがいい!」と大泣きしています。

道中はシクシク顔を覆いながら「さみしい」と泣き、到着後は、脚にしがみつきながら「いかないでー」と泣き叫ぶ我が子。

それでも無理やり保育士に預け、出勤しています。

子どもの顔がちらつき、かわいそう・申し訳ないという罪悪感に悩んでいるママは多いのではないでしょうか?

ここでは、保育園はかわいそうと悩むママに向けて、罪悪感を解消するために知っておきたいことや、解消法をお伝えしたいと思います。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

保育園はかわいそうって本当なの?

安倍首相は「一億総活躍社会」と銘打ち、女性の出産後の社会復帰を促しています。

しかし、出産後に社会復帰する女性数は地域によって差があります。

総務省統計局 統計トピックスNo.74 女性・高齢者の就業状況 -「勤労感謝の日」にちなんで-
(4) 都道府県別育児をしている女性(25~44歳)の有業率
http://www.stat.go.jp/data/shugyou/topics/topi740.html

都道府県別育児をしている女性(25~44歳)の有業率

筆者の住む地域は、「3歳神話」と呼ばれる、「3歳まで親元で過ごすほうが子どものためだ」という考えが、いまだに根強くのこる地域です。

「まだ小さいのに、ママと離れて保育園に預けられるなんて、かわいそうに…」

「子どもが起きている時間の半分以上を他人に任せるのか?」

子どもを保育園に預けること、ひいては、働くことを全否定される言葉をよく聞きます。

育児休暇を取得し、職場復帰が当然の地域の方からしたら、驚かれることかもしれませんが、一部地域ではこれが現状です。

特に、働くママの親の世代(以下、「親世代」とします)にとって、「保育園にいれることは、かわいそう」という認識が強いようです。

なぜ、かわいそうと思うのか検証してみた

ではなぜ、「かわいそう」と親世代が思うのか検証しましょう。

それは保育園の成り立ちに答えがありました。

戦後、政府は、高度経済成長をうながすために、「モーレツサラリーマンと専業主婦家庭」が一般的な家庭と位置づけました。

そのため、当時、母親が働きに出る家庭というのは少数派でした。

その少数派の「保育を十分に受けることができない」子どもたちのために作ったものが、保育園だったのです。

つまり、親世代の言う「かわいそう」は、もはや過去の遺物ともいえます。

そして1998年に厚生省から「3歳神話」に根拠はないと結論付けられています。

3歳まで、母親がそばにいられないことに罪悪感をもつ必要はないようです。

とはいえ、筆者を含め、罪悪感は消えませんよね。働くママには必要な保育園です。

実際に、2歳の子どもを保育園に預けている筆者が感じたメリットを挙げてみます。

  • 言葉が増えた
  • 好き嫌いがなくなった
  • 「おはようございます」「ありがとうございます」など挨拶が丁寧語で言えるようになった
  • 季節の手作り工作がいっぱい!
  • 安心して働ける

何よりも、安心して外で働けることが最大のメリットです。

冒頭で罪悪感しかないと書きましたが、こうして文字にしてみると、子どもを預けて働くことは、罪でも悪でもないようです。

子どもなりにママがお仕事だから、自分は保育園に行くと理解しています。

大事なのは、限られた時間の中で、子どもとどう向き合うかではないでしょうか?

とはいえ、帰宅後毎日1時間近く「さみしかった」とぐずられると、筆者の罪悪感は消えません。

罪悪感を軽減させる働き方がある

罪悪感を持つ必要がないと言われても、消せない罪悪感を軽減させるにはどうすればいいのでしょうか?

経済的理由からどうしても働かなければならないママもいれば、自分のスキルアップのために望んで働いているママもいます。

同様に、パートで短時間勤務をされているママもいれば、フルタイムで長時間働いているママもいます。

今回対談したキャリアアドバイサーによると、

「子どもを犠牲にして仕事しているのではないか」と、苦しく思うことは、働くママなら必ずといっていいほど、経験する感情です。
保育時間の長短にかかわらず、大事なのは「子どもに誇れる働くママ」であること

だそうです。

確かに自分の仕事に誇りを持つと、普段の言い方から変わってきます。

登園

「ごめんね、待っていてね。お仕事いってくるね、ごめんね」

→ 「ママお仕事頑張ってくるね!楽しんできてね。いってきまーす!」

お迎え

「離れていてごめんね、さみしかったね」

→ 「ただいま!がんばったね。ママもお仕事がんばったよ。会いたかったよ!」

罪悪感いっぱいのママより、笑顔でイキイキとお仕事をしているママの姿を見せるほうが、子どもは安心します。

考え方と態度を変え、子どもと過ごせる時間の質を向上させることで、育児と仕事にメリハリがつき、自分にも子どもにもいい影響があります

しかし、いくら考え方を変えても、子どもが病気の時にそばにいてあげられないことに罪悪感を持つ働くママは多いと思います。

そこで、ご紹介していただいたのは「働き方をかえること」です。

adviser

キャリアアドバイザーおすすめは在宅ワーク

特に、保育園に子どもを預けて働くことに、大きな罪悪感をいだいている女性には、子どもの成長をそばで感じながら、キャリアを積むことができる在宅ワークをおすすめします。

お子さんの急病、学校の行事があるときにも対応しやすいたけでなく、単価も高く、やりがいもあり、お子さんに誇れる仕事かと思います。

働く女性にとって、育児との両立は大切なことです。

後悔しない子育てをするためにも、在宅ワークを考えてみてはいかがでしょうか?

子どもを預けて働くことは、罪でも悪でもありません。

かわいそうと罪悪感に苦しんでいるもの、あなただけではありません。

仕事を変えるには、大きな決意が必要ですが、子どもと自分のために、考えてみるのもいいかと思います。

自分のお仕事に自信をもって、ワーキングマザーとして一緒に頑張りましょうね。

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

 

次のページ >> もし保育園に落ちたらどうなる?落選した後の選択肢とは

 

The following two tabs change content below.

齋藤沙織

超行動派シングルマザー。 2歳の息子を育てるシングルマザー。大学時代はソーラーアークとでんじろうラボで実験ショーのコンパニオンを務めた活発系リケジョで、現在は大学の研究員として勤務する傍ら、「手鞠」の代表も勤める。「考え込む前に動く」をモットーに、ライティング・プログラミング・持ち前の行動力の3つを武器として活動を展開中。 ライティングでは、読者であるワーキングマザーが自分の働き方に満足しつつ、後悔しない子育て・楽しめる子育てをするために有益な情報発信を目指す。「子供との時間を100%楽しむ!」という行動派の彼女の記事は、情熱に満ちている。 得意分野:保育園関係・子供と楽しめる実験