webライター未経験で在宅ワーク可能 ママにもおすすめの理由

Pocket

webライターは在宅ワーク未経験のママにぴったり!メリットは?

在宅ワーク未経験のママにおすすめなのが、webライター。

通勤がない、子どものことで急に時間を取られても全然大丈夫!

メリット、デメリットもしっかりチェックしてから、ゆくゆくはweb系のスキルアップも望めます。

まずはできることから始めたいという人にぴったりですね。

在宅ワーク歴10年の私が、webライターがママにおすすめの理由、webライターのメリットデメリットをお伝えします。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

webライターはどんな仕事?

最近クラウドワーカーという言葉がよく出てきますね。

クラウドワーカーとは在宅で、自分で仕事をしている人のことを主にさしているようです。

実際には仕事の取り方はいろいろで、前の会社から在宅ワークできるデータ入力の仕事をもらっている方もいますし、自分でクラウドソーシングと呼ばれるクラウドワーカーと仕事先を仲介するサイトに登録してお仕事している方もいます。

そのクラウドソーシングサイトでたくさん見かけるのが「webライター」というお仕事です。

クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」を見てみる

webライターは文字通り、web上のサイトや、個人サイトや企業サイト、いろんなサイトに載せる文章を書くのが仕事。

仕事でそこそこタッチタイピングができて、文章を書くことが苦ではない人には、まずおすすめしたいお仕事です。

webライターがなぜ在宅ワーク未経験向け?

webライターのお仕事は、在宅で完結することができます。

クラウドソーシングサイトで仕事をもらって、その分を自分の時間のあるときに書いていきます。

子どものお昼寝の時間、子どもが眠ってからの夜の時間のように、忙しいママでも隙間時間にできるのが何よりのメリット。

たくさんあるメリットの主なものを書いていくと、

  • 自分のペースで仕事ができる
  • 隙間時間を使ってお金を稼ぐ事ができる
  • 初期投資がほとんどかからない(パソコンがあればOK)
  • 特別なスキルがほとんど必要ない

このようなメリットがあります。

在宅ワーク未経験のママが初めて仕事をするのに、webライターは最も適していると思います。

webライターのデメリットは?

かと言って、メリットばかりではないのが仕事というもの。

webライターにもデメリットがあります。

  • 最低限のパソコンのスキルが必要
  • 仕事によっては情報収集能力が必要になる
  • 納品がワードプレスサイトのような場合にはweb系のスキルが必要になる

webライターを在宅ワークで行う場合には、まず納品の仕方をきちんと確認するのが重要です。

個人のサイトや大手のキュレーションサイトのような仕事の場合、納品にワードプレスというシステムを使っている場合があります。

大手のサイトならばマニュアルが完備されているとは思いますが、個人のサイトに「直接投稿してください」という納品の仕方もあります。

この場合には、ワードプレスを知らないと大変な苦労することが考えられます。

webライターをするならスキルアップも必要

参入しやすいwebライターの仕事を在宅ワークでするときには、最低限のwebの知識を知っておくのが近道です。

「h3」のようなタグについて知っているかいないか、ワードプレスについて知っているかいないか、それだけでお仕事の幅がものすごく変わってきます。

おすすめなのは、webライターの経験と一緒にweb系のスキルを身につけること。

最近では「webライター講座」というのがたくさんありますが、プラスしてwebの知識が学べるものはほとんどありません。

せっかく在宅ワークを始めるなら、一緒にwebのスキルも勉強して仕事の範囲を広げ、3万から5万、10万と収入を増やしていくのがおすすめです。

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

 

次のページ >> 在宅フリーライターになるには?年収と着実に稼ぐコツ!

 

The following two tabs change content below.

小黒泰子

フリーランス。GeekGirlLaboにてチューターなどをしている。クラウドソーシングサービス・クラウドワークスのプロクラウドワーカー。自分のメディア運営もしている。’02の時代からウェブ系スキルを勉強し、以後15年以上フリーランスで生活している。デザインのために色彩検定をとったりと資格マニア。実はFP2級も持っている。24歳の時に自分がした大病で就業に困る人たちをたくさん見てきたことや、現在認知症の親の介護をしていることから労務や年金に興味を持ち、'19の社会保険労務士試験に向けて仕事をしながら勉強している。得意学科は労基、安衛、年金など。得意分野:フリーランス・在宅ワーク、資格取得、ウェブ系スキル、ネットマーケティング、最近は労務、年金制度など。 【ひとこと】いま生きていることに感謝。Jeder ist seines Glückes Schmied.