主婦やママさんが在宅でできる仕事 どんなものがあるのかご紹介します

Pocket

主婦やママさんが在宅でできる仕事 どんなものがあるのかご紹介します

これから在宅ワークを始めようと思っている主婦の方やママさんに、在宅でできる仕事にどんなものがあるのかご紹介します。

実際に働いてみてどうなのか、という役立つ情報もできるだけ盛り込みました。

実際に働いた方の感想なども載せています。

どの仕事にもメリット、デメリットはあるものです。ご自分に合っていると思うお仕事を選んでくださいね。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

具体的にどんな仕事があるの?

最近ではクラウドソーシングサービスも普及して、在宅でできるお仕事が増えてきました。

昔のような「内職」とは違い、そこそこしっかり収入になるようなお仕事も多いですね。

そんな中でどんなお仕事を選んでいけばいいのか、在宅ワーク歴10年の私の体験談も含めて一緒に考えていきましょう。

「在宅で主婦やママさんができる仕事」はたくさんあります。

内職

まずは普通の内職。小さい紙パックを作ったり、ボールペンを組み立てたり。これは市や近くの地方自治体でもお仕事の斡旋がある定番の仕事。

私の姉も病気療養中にやっていたそうですが、とにかく単純作業がつらいとのこと。

車がないと仕事の材料をもらったり、納品したりが大変だったそう。

元が看護師なので、すぐに看護師に復職しました。

ネイルチップ作成

最近の内職系の中でも人気なのがネイルチップの作成。基本の色を塗って、その上にブリオンなどを指示通りに載せていくもの。

簡単そうに見えて、実はネイルをむらなく綺麗に塗るのは職人技です。

ネイルサロンでは当然のようにネイリストの方がやっているので、「なら自分も!」と始めてみたら、実際には全くできなくて商品にならない、ということもしばしば。

本職があるのですから、素人がなかなかできる仕事ではありません。

データ入力

在宅ワークで大変人気のあるデータ入力。事務職のときのパソコンスキルで作業が可能で、まとまった仕事が多いために大変人気があります。

しかし実際には、クラウドソーシングサービスで「データ入力」というお仕事は少なめ。

どこの企業にも「結婚して辞めた元社員」「出産でやめた元社員」という主婦やママさんがいますから、ほどんどのケースでそうした人にお願いしているのが現状のようです。

私のいとこも結婚して、会社を辞めてから10年以上、その会社からデータ入力を頼まれて在宅ワークしていました。

会社の人によると、内容によっては外部に漏れてほしくないものもあるので、信用できる人材に頼みたい、という実情があるのだとか。

会社側からしたら、なるほど、と思える理由ですね。

web系在宅ワーク

webライター、webデザイナー、web系プログラマなど、クラウドソーシングサービスで最も求人が多いのが、このweb系の在宅ワークです。

特にwebライターは求人案件が多く、大手クラウドソーシングサービスのクラウドワークスでは「初心者さん向け」だけでも5000件以上の求人があるほど(2017年12月時点)。

ネットビジネスにおいてコンテンツ制作は必須の仕事。必ず必要になります。

効率よく、自分の決めた予算の中でいい記事がたくさん欲しい、というのはどの依頼主、どの企業でも同じです。

そういう意味では、web系在宅ワークは新規の参入がしやすい、というメリットがあります。

在宅で主婦やママさんができる仕事の条件は?

これから在宅で主婦やママさんが仕事をしよう、というときに、これからデータ入力の仕事をくれる人脈を作るわけにもいきません。

内職は、お近くの市や街の担当部署に聞いてみるといいですが、場所によっては「無理です」と言われることも多いです。私も言われたことがあります。

内職のお仕事は住所によっては無理なのですね。

ネイルチップのお仕事は、まとめて材料をもらって月このくらい、という作業量ですが、実際にお金になるまでに大変な苦労をします。

悪質な会社だと、「無駄になった材料費を払え」とお金を請求されることもあります。

気をつけないといけません。

一番無難なのがweb系在宅ワークのwebライターから始めることですが、クラウドソーシングサービスの使い方からweb系の知識が必要になってくるので、いきなり高収入は難しいかもしれません。

主婦やママさんが在宅でできる仕事をするときに必要な条件は

  • 初期投資がかからない(家にあるものでできる)
  • 詐欺的な商法に引っかからないようなシステムがある(お給料の未払いなど)
  • 時間や場所を選ばず家庭優先でできる(無茶な作業量ではない)

最低でもこのくらいの条件は必要になりますね。

収入はどのくらい?

出来れば家で仕事をして、毎月まとまった収入が欲しい。そう考えている方が多いのではないでしょうか。

内職の場合は月2~3万程度が普通。時給にすると2ケタ、なんていうこともしばしば。

頑張ればできそうなネイルチップの作成ですが、こちらも慣れたら慣れたで、仕上がりを丁寧に売り物として提供しなくてはならないため、乾燥用の場所やトップコートなどの材料費がかかることも。

10本1セットで600円くらいのお仕事ですが、やはり1セット完成にするには2時間くらいはかかってしまうのだとか。

データ入力はもともとの自分の職場からのお仕事ですから、かなり安定した仕事量、収入になるようです。

1日4~5時間の稼働で月5万円以上はもらうことができるようです。

ある意味で、事務職の在宅勤務に近い形なのかもしれません。

クラウドソーシングサービスを使ったweb系在宅ワークは、しっかり基礎を勉強してからお仕事を始めると、かなりスムーズに仕事ができます。

ライター業務もプロジェクトをこなしていくうちに、1文字1円くらいのお仕事をもらえれば、1日3時間で5000文字書ければ日給5000円になります。

ただし、取引先から修正やリライトを頼まれたらすぐに対応することが必須。ときにはお子さんを見ながら慌ててお仕事、ということもあるかもしれません。

主婦やママさんが在宅でできる仕事・まとめ

これから初心者さんの主婦やママさんが在宅ワークを始めるなら、やっぱりおすすめはきちんとしたシステムのあるクラウドソーシングサービスを利用した在宅ワークが一番いいと思います。

昔勤務していた会社がある方は、そちらでデータ入力のお仕事がもらえないか聞いてみましょう。

クラウドソーシングサービスを使ってweb系の在宅ワークを始めるなら、最低限のスキルとwebの知識を勉強しておくと、1か月でまとまった収入になるまでのショートカットになります。

ご自分に合っている、と思う在宅ワークを選んでくださいね。

主婦やママさんがwebライターの収入を得ながらスキルを学べるスクールは?

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

 

The following two tabs change content below.

小黒泰子

フリーランス。GeekGirlLaboにてチューターなどをしている。クラウドソーシングサービス・クラウドワークスのプロクラウドワーカー。自分のメディア運営もしている。’02の時代からウェブ系スキルを勉強し、以後15年以上フリーランスで生活している。デザインのために色彩検定をとったりと資格マニア。実はFP2級も持っている。24歳の時に自分がした大病で就業に困る人たちをたくさん見てきたことや、現在認知症の親の介護をしていることから労務や年金に興味を持ち、'19の社会保険労務士試験に向けて仕事をしながら勉強している。得意学科は労基、安衛、年金など。得意分野:フリーランス・在宅ワーク、資格取得、ウェブ系スキル、ネットマーケティング、最近は労務、年金制度など。 【ひとこと】いま生きていることに感謝。Jeder ist seines Glückes Schmied.