フリーランス女性におすすめの仕事と職種 子育てとの両立はできる?

Pocket

フリーランス女性におすすめの仕事と職種 子育てとの両立はできる?

何もスキルがないから、フリーランスなんてムリ。そんな風に決めつけてしまってはもったいない!

フリーランスとして仕事をすることの最大の魅力は、時間に自由がきくこと

これが、女性が子育てと仕事を両立させる一番の近道です。

仕事の合間に家事を片付けたり、子どものお迎えに行っても、誰にも気兼ねすることはありません。

ただ、今まで会社勤めの経験しかないと、独立というのは高い壁に思えますよね。

ここでは、そんなフリーランスの仕事の中でも、収入につながる5つの職種を選んで、解説します。

Webを活用した職種がほとんどですが、それぞれにメリット・デメリットが違いますので、ご自分にどれが合っているかしっかり目を通してください。

一生食うに困らない、手に職をもったワーキングマザーを目指しましょう!

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

在宅HTMLコーダー

HTMLコーダーとは、HTMLやCSSといった「言語」を使って、Webサイトを作る専門家のこと。

素人にはプログラマーとの違いがちょっと分かりにくいのですが、一般的なプログラミングと比較すると、未経験でもとっつきやすいのが特徴です。

需要もそれなりにあり、HTMLコーダーという職種の平均年収は380万円です。

フリーランスとして立派に独立できるお仕事ですよ。

在宅HTMLコーダーという働き方を評価すると

メリット
未経験でも、集中して学べば1カ月で仕事ができる専門職。
知識さえ身に付ければ、ある程度のレベルまでは誰でも同じようにこなすことができます。
デメリット
デザインとセットだったり、もう一段上のプログラミングとセットでの発注が多く、コーディングのみで継続受注を目指すにはやや力不足でしょう。
pointデザインやjavascript、PHPなど、プラスアルファのスキルを身に付けると、強みになります。
まずはコーディングの仕事をしながら、自分がどんな方面が向いているか観察してみましょう。
Webの世界は仕事の幅が広いですから、きっとあなたに合う方向性が見つかりますよ。

在宅Webプログラマー

Webプログラマーという職種の平均年収は419万。

頑張り次第によっては、年収1,000万以上稼ぐ人もいる、稼げる仕事です。

フリーランスとして独立するまでには、かなりの勉強が必要となってきますが、人手不足で需要は豊富。

とくにスマートフォンのアプリ開発者は、いま発展市場ですから、仕事に困ることはないでしょう。

子育てと仕事を両立しつつ、しっかり稼げるママを目指すなら、Webプログラマーがおすすめです。

在宅Webプログラマーという仕事の特徴

メリット
単価が高く需要もある、いわゆる稼げる職種。
また、アプリ開発などでは作ったアプリを子供に遊ばせることも!
モノづくりの喜びも感じられる仕事です。
デメリット
勉強しなくてはならないことが多く、簡単ではありません。
独学は難しいですし、スクールにかかる費用も比較的高い傾向にあります。
point未経験からこの仕事を目指すなら、まずは自分をプロにまで育ててくれるスクールを選ぶことが重要になります。
さらに、子育てや家事に忙しい育児中の女性であれば、自宅で勉強できる通信講座が良いでしょう。
両方の条件を備えたスクールで学んで、プロを目指しましょう!

在宅Webデザイナー

Webデザイナーも、フリーランスで仕事ができる職業のひとつ。

需要もそこそこありますが、個人のセンスも問われるため、勉強すればだれでも同じように稼げるというわけにはいきません。

また、デザインだけの発注は少なく、コーディングとセットであることが多いですから、フリーランスとして活動する前にHTMLなどの知識も身に付けましょう。

designer

メリット
需要が高く、専門職ですから、仕事の単価もデータ入力などと比べると高め。
Webデザインにもその時々の流行がありますから、フリーランスでもアンテナを張って、情報収集を常に行いましょう。
デメリット
センスによって仕事の結果が左右されるため、勉強すればだれでもできるわけではありません。
また、顧客の好みを掴みとるコミュニケーション力も重要です。
point仕事を獲得するためにセンスを磨くとともに、コーディングの勉強もしておきましょう。
仕事をしながらであれば、独学よりも専門のスクールで学んでしまうのが近道。
コーディングの技術の進化によって、実現できるデザインもバリエーションが増えて行きますから、在宅Webデザイナーとコーディングは切っても切り離せません。

自宅でネットショップ運営

自分のお店を持つことを身近にしてくれたのが、ネットショップ。

事前準備を入念に行えば、実店舗を持つよりも低価格でお店を始めることができます。

最近は、テンプレートを使用して簡単にネットショップがオープンできるサービスもありますので、未経験の女性でも参入しやすい環境が整っています。

ただし、集客から自分で行いますから、マーケティングなどの勉強は必須ですよ。

netshop
メリット
自分のペースで仕事ができますし、お店の営業時間を明記しておけば、深夜まで仕事をしなくても大丈夫です。
デメリット
サイトの開設、セキュリティの確保、配送ルートの手配、マーケティングの勉強など、始める前にさまざまなことを身に付けておく必要があります。
pointショップのサイトは、言ってみれば実店舗の代わりです。
初めはテンプレートを使ってのネットショップも良いですが、いずれは他店の差別化を図るため、サイトをカスタマイズできるコーディングの力を身に付けましょう。

自宅で教室を開く

人に教えることが好きなタイプの女性には、自宅で教室を開くこともおすすめです。

すでに持っている講師の資格を活かすのも良いですし、Web業界であれば、いまからスキルを身に付けて先生を目指すことも可能。

自宅にいながら得意分野で活躍できるなんて、幸せな選択肢ですよね。

ネックは、生徒さんをどう集めるかという部分になります。

class
メリット
教室を開いている時間は決まっていますから、深夜まで残業ということはありません。
時間のコントロールはとてもしやすい仕事です。
デメリット
個人で開業する場合、同じような教室を持つ大手との競争になりますから、生徒さん集めが大変。
かかる広告費もバカになりません。
point生徒さん集めの苦労を考えると、通信講座をやっているスクールで、在宅講師という道を選ぶのがベスト。
あまりそういった求人は多くありませんが、Web業界の場合、ネットを使っての指導ができますから、理想的な在宅講師への可能性が拓けます。
adviser

キャリアアドバイザーによるまとめ

フリーランスの職業特集、いかがでしたでしょうか?

子育てをしながら、社会貢献できる人材として仕事をしていくには、これ以上の選択肢はないと私は考えています。

独立なんて自分には無理と考えがちですが、プロになるまでフォローしてくれるスクールを選んで学べば、実現も夢ではありません。

ただし、どの職種を取っても、フリーランスとして自分で顧客を開拓する営業力は必須です。

そのために、営業まで教えてくれるスクールを選んだり、人脈を作るためにIT企業などに一度就職するということも、一つの手段となります。

就職する場合には、今のライフスタイルに合ったIT企業を探すため、転職サービスを利用するとおすすめです。

Webで独立するのに必要なスキルから営業まで学べる講座はこちら

独立を視野に人脈を作りたい女性のためのIT企業転職サービスGeekGirlCareer

パソコンが身近な存在になった現在、子育てや家事に追われて、自己実現をあきらめるのはもったいない!

母、そして女性として理想の生き方を実現するために、Web系のスキルをぜひ身に付けてくださいね!

プログラミング通信講座スクールGeekGirlLabo(ギークガールラボ)

 

次のページ >> 「サロネーゼ」とは?〜自宅で教室を開くには?〜

 

The following two tabs change content below.

萩原由紀

バツイチキャリアアドバイザー。 ニコリともしない人見知りなインドア女だったが、前夫との離婚を機に人材派遣業の世界へ飛び込む。営業としてキャリアを重ね支店管理者まで勤めたが、自営業を営む現在の夫との再婚を機に、夫の仕事を手伝うか自分のキャリアを追求するか迷い、思い切って退職。その後、いくつか職を変えながら生き方を模索している最中に、Web制作とWebライターの仕事に出会い、在宅でもキャリア形成ができることに感動する。 現在はWeb制作のスキルをきっかけとして、ある組織のシステム管理を任せてもらいながら、ライターとして情報発信をしている。生き方に迷いながらも勇気が出ず、一歩を踏み出せない女性の背中をそっと押せたら・・・と本人は語る。 得意分野:労働法、キャリア形成、職場の人間関係、ビジネスマナー