育児中でも仕事をしたいママにおすすめの職種 働く時間別で紹介!

Pocket

育児中でも仕事をしたいママにおすすめの職種 働く時間別で紹介!

とある調査によると、育児中のママが仕事をやめた理由の50%以上が、妊娠・出産であるという結果が出ています。

また、もう一度仕事をしたいママは、全体の80%超え。

そこでママに最適な仕事を探すため、キャリアアドバイザーの立場から4種類の「育児中のママにおすすめの仕事」をピックアップしてみました。

今回の選んだ基準は、「働く時間」

それぞれにどんな違いがあるのか、チャート形式で簡単に比較できるよう、工夫してみました。

女性のためのプログラミングスクール GeekGirlLabo

育児と両立するなら絶対有利なフリーランス

仕事の難易度や、必要とされるスキルを横に置いて考えると、フリーランスで活躍することほど、子育てしながらできる仕事は他にありません。

時間も仕事量も、自分の自由に使うことができますし、在宅で開業できるものを選べば、子どもの看病をしながら仕事をすることだって可能。

おまけに、正社員として仕事をするレベルの報酬も見込めます。

フリーランスでの仕事は、最もアツい「育児中でもできるおすすめの仕事」です。

メリット
独立して仕事をしていますから、仕事の合間に家事や育児をしても、誰にも文句は言われません。
自由度において、これ以上ない仕事と言えます。
デメリット
プロとして活躍できるスキルが必要ですので、勉強は必須。
始めるまでに最低でも1か月以上の時間がかかることがデメリットです。
HTMLコーダーやWebプログラマーの仕事。
難しそうというイメージが強いですが、中には初心者でも1か月でプロになれる職種もあるのです。

スキルを身に付けるには物足りない?パソコン在宅ワーク

その他の在宅系パソコンワークとして、データ入力テープ起こしアフィリエイトなどがあります。

在宅ワークですから、納期さえ守れば仕事の合間に家事や育児をこなすこともできます。

また特別なスキルは不要ですから、パソコンさえあればすぐにでも始められるでしょう。

ただ、テープ起こしを除くと、「プロ」と言えるほどのスキルは身に付かない仕事です。

メリット
事務経験者程度のパソコンスキルがあれば、専門職ではないので、すぐ始められます。
在宅ワークですから、時間の自由度はフリーランス並!
デメリット
フリーランスと比較すると単価が非常に安く、バイト程度の収入にしかなりません。
また、正社員への復職には役立たないでしょう。